近畿支部

第17回 関西グライコサイエンスフォーラム

日 時

平成28年5月14日(土)13:00~

会 場

大阪市立大学学術情報総合センター10階 大会議室
(大阪市住吉区杉本3-3-138、TEL06-6605-3213)

交 通

JR阪和線杉本町駅下車、徒歩5分

共 催

日本応用糖質科学会近畿支部、日本糖質学会、FCCA

協 賛

水谷糖質科学振興財団

プログラム

〔一般講演〕
座長:芦田 久(近畿大・生物理工)、岡 昌吾(京大・院医)、梶原康宏(阪大・院理)、 深瀬浩一(阪大・院理)、三善英知(阪大・院医) 

  1. 13:05~13:25
    出芽酵母のαマンノシダーゼAms1の細胞内活性制御

    〇梅川碧里1、氏原将人1、槙島一樹1、竹松 弘2、若山 守1 (立命館大学・生命1、京大・院医2 )

  2. 13:25~13:45
    植物キチナーゼに存在するLysMドメインの構造と糖結合特性

    〇北奥喜仁1、沼田倫征2、平良東紀3、深溝 慶1、大沼貴之1 (近畿大・院農1、AIST・バイオメディカル2、琉球大・熱帯生物資源3)

  3. 13:45~14:05
    肝線維化進展過程におけるMac-2 binding proteinの意義

    〇戎谷友佑、鎌田佳宏、山本晃子、藤井宏修、高松真二、三善英知(阪大・院医)

  4. 14:05~14:25
    Notch受容体の異なるO型糖鎖は冗長的に機能する

    〇松本顕治郎、松野健治(阪大・院理)

    休憩 14:25~14:35

  5. 14:35~14:55
    酵素合成イソマルトメガロ糖のヘスペレチンの可溶化とバイオアベイラビリティの向上

    〇鈴木志保1、今井裕介1、木村淳夫2、飯塚貴久3、藤本佳則3、原 博2、北村進一1 (阪府大・院生命環境1、北大・院農2、日本食品化工3)

  6. 14:55~15:15
    Synthetic study of self-adjuvanting antitumor vaccine candidate consisting of N-modified TriSTn tumor antigen conjugated with T-helper-cell-epitope

    〇CHANG Tsung-Che, MANABE Yoshiyuki, FUJIMOTO Yukari, FUKASE Koichi (Department of Chem., Osaka Univ.)

  7. 15:15~15:35
    ペプチド-N-ピバロイルグアニジド体を鍵化合物としたGalNAcを有する不凍糖タンパ ク質の効率合成

    〇折井 亮1、和泉雅之1、深見大地2、津田 栄23、梶原康宏1、岡本 亮1 (阪大・院理1、北大・院生命科学2、産総研・生命工学3)

    休憩 15:35~15:55

〔招待講演〕
座長:岡 昌吾(京大・院医)、島本啓子(サントリー生科財団)、村上 洋(大阪市工研) 

  1. 15:55~16:35
    新規糖鎖ユニット“リビトールリン酸”と筋ジストロフィー

    金川 基(神戸大・院医)

  2. 16:35~17:15
    代謝安定型ガングリオシドの合成と生物活性

    袖岡幹子(理研)

    休憩 17:15~17:25

  3. 17:25~18:05
    糖脂質型バイオサーファクタント“ソホロリピッド”の工業的生産と洗浄剤への応用<

    平田善彦(サラヤ株式会社・バイオケミカル研究所)

世話人会

芦田 久、伊藤和央、岡 昌吾、梶原康宏、栗木 隆、島本啓子、深瀬浩一、三善英知

問合せ先

伊藤和央(大阪市立大学大学院理学研究科)
TEL:06-6605-2579 FAX:06-6605-2522
梶原康宏 (大阪大学大学院理学研究科)
TEL : 06-6850-5380 FAX : 06-6850-5382

ポスター

PDFファイル(255KB)

過去の活動