近畿支部

第18回 関西グライコサイエンスフォーラム

日 時

平成29年5月13日(土)13:00~

会 場

京都大学医学研究科人間健康科学系専攻 5階 第9議室
(京都市左京区聖護院川原町53、TEL 075-751-3959)

交 通

京阪電車神宮丸太町駅下車、徒歩5分

共 催

日本応用糖質科学会近畿支部、日本糖質学会、FCCA

協 賛

水谷糖質科学振興財団

プログラム

〔一般講演〕
芦田 久(近畿大・生物理工)、伊藤和央(阪市大・院理)、梶原康宏(阪大・院理)、島本啓子(サントリー生科財団)、三善英知(阪大・院医)、深瀬浩一(阪大・院理)

  1. 13:05~13:25
    β-1,4-マンノビオースの生理機能に関する研究

    吉田靖彦、福井健介、○伊吹昌久 (不二製油(株) 開発部門)

  2. 13:25~13:45
     酵母を用いた配糖体ナリンゲニン7-O-グルコシドの生産

    〇窪村有紗、大橋貴生、長谷川友香、三崎亮、藤山和仁 (阪大・生物工学国際交流)

  3. 13:45~14:05
    部分メチル化シクロフラクタンの錯形成挙動と錯構造

    〇靜間基博1、佐藤博文1、高垣晶子2、川村三志夫3、小野大助1(大阪市工研1、三井農林2、大阪教育大3

  4. 14:05~14:25
    ムチンの硫酸化糖鎖に作用するビフィズス菌由来スルフォグリコシダーゼ

    ○加藤紀彦1、前渋貴子1、吉川慶一2、後藤愛那1、山口真範3、芦田久4、山本憲二2、片山高嶺1,2 (京大・院生命1、石川県立大・生物資源2、和歌山大3、近畿大4

  5. 14:25~14:45
    Klebsiella pneumoniae プルラナーゼとシクロデキストリンの相互作用様式の解明

    〇坂 直樹1、岩本 博行2、高橋 延行1、水谷 公彦1、三上 文三1(京大・院農1、福山大・生命工2)

  6. 15:00~15:20
    LacCerBODIPYを用いた細胞膜動態の解析

    ○新井健太1、蟹江治2、樺山一哉1、深瀬浩一1 (阪大・院理1、東海大・先進生命2)

  7. 15:20~15:40
    A CRISPR forward genetic screen for GPI-GalNAc-galactosyltransferase. 

    ○王 宜成、平田哲也、村上良子、前田裕輔、木下タロウ (阪大・微生物病研)

  8. 15:40~16:00
    ヒアルロン酸産生によるがん幹細胞の代謝リプログラミング

    ○泉川友美1、Theerawut Chanmee1、 Pawared Ontong2、東出実歩1、望月信利1、Chatchadawalai Chokchaitaweesuk1、Manatsanan Khansai3、中嶋 和紀4、柿崎育子5、 Prachya Kongtawelert3、谷口直之6 、板野直樹1,2 (京産大・総合生命1、京産大・工学1、 チェンマイ大学3、藤田保衛大4、弘前大5、理研・疾患糖鎖6

  9. 16:00~16:20
    N型糖鎖欠損体によるAMPA型グルタミン酸受容体の機能解析 

    ○森瀬 譲二1、鈴木 健一2、北川 英佳1、山本 采季1、竹内 祐介1、楠見 明弘2、竹松 弘1、岡 昌吾1(京大・院医1、京大・物質-細胞統合システム拠点2

  10. 16:20~16:40
    糖鎖を標的にしたB型肝炎ウイルスの新しい治療法開発

    ○小泉百花、前田晴香、下村真由香、高松真二、鎌田佳宏、三善英知 (阪大・院医)


〔招待講演〕
座長:岡 昌吾(京大・院医)、伊藤和央(阪市大・院理) 

  1. 16:55~17:35
    神経可塑性と糖鎖

    門松健治(名大・院医)

  2. 17:35~18:15
    酵素機能から考える乳児とビフィズス菌の共生・共進化

    片山高嶺 (京大・院生命)

参加費

無料(要旨集代1,000円)

懇親会

京都教育文化センター103号室「サムディ」
懇親会費3,500円(学生1,000円、要旨集購入の学生は無料)

世話人会

芦田 久、伊藤和央、岡 昌吾、梶原康宏、栗木 隆、島本啓子、深瀬浩一、三善英知

問合せ先

伊藤和央(大阪市立大学大学院理学研究科)
TEL:06-6605-2579 FAX:06-6605-2522
岡 昌吾(京都大学医学研究科)
TEL & FAX:075-751-3959

ポスター

PDFファイル(1.3MB)

過去の活動