中国四国支部

平成30年度日本応用糖質科学会中国四国支部シンポジウム

今年度の中国・四国支部シンポジウムを福山市で開催します。

非会員の方の参加も歓迎いたしますので、お誘いあわせの上、多数ご来場ください。

日 時

平成30年11月22日(木)  13:00~

場 所

福山大学宮地茂記念館 301号室

720-0061 広島県福山市丸之内1-2-40

(JR福山駅より北に徒歩1分)

 ※会場には無料の駐車場はありませんので、公共交通手段を

      ご利用の上、お越しください。

主 催

日本応用糖質科学会中国・四国支部 (支部長 井ノ内 直良)

参加費

一般 3,000円 学生は無料。

(当日会場にてお支払いください。)

内容
12:30~13:00

受付

13:00~13:10

支部長挨拶

13:10~14:30

「若手口頭発表」

14:30~14:50 

休憩

14:50~15:30

「低価格米粉の製造方法の確立と米粉麺の開発」

   株式会社 ケイワイノベーション

     北川 昌昭 氏

15:30~16:10    

「いろんな米粉と米澱粉の構造と物性」           

    福山大学 生命工学部 生命栄養科学科

    井ノ内 直良 氏

16:10~16:50

「酵素による製パン特性の改良」

      ナガセケムテックス株式会社

        生化学品事業部  開発部 企画開発課

    山口 仁美 氏

16:50~17:00

閉会の辞

17:30~

懇親会

福山駅近くの会場を予定しています。

参加費:5000円の予定

(当日、会場にてお支払いください。)

問い合わせ

株式会社林原 森 哲也

E-mail: tetsuya.mori@hb.nagase.co.jp

会場地図

     

過去の活動