東日本支部

平成26年度 日本応用糖質科学会東日本支部シンポジウム
『健康と活力を支える糖質摂取』  ー 改めて知る糖質の生体調節機能 ー

日 時

平成26年7月23日(水)10:00~17:00

主 催

日本応用糖質科学会 東日本支部

参加費

会員無料、一般 2,000円、学生無料

内容
10:00~10:05

開会の辞
日本応用糖質科学会東日本支部長・新潟大学 大坪 研一

10:05~10:55

糖尿病患者さん向けの指導における糖質の考え方と、栄養指導の実際
自治医科大学附属病院臨床栄養部栄養管理室長
佐藤敏子

10:55~11:45

難消化性デキストリンの新たな生理機能
松谷化学工業株式会社研究所長 大隈一裕

11:45~13:00

昼食

11:45~13:00

総会

13:20~14:10

砂糖、その製法と用途そして今昔
精糖工業会技術研究所元所長 斎藤祥治

14:10~15:00

糖質摂取後の熱産生と食欲感覚
兵庫県立大学環境人間学部 永井成美

15:00~15:15

休憩

15:15~16:05

ニュートリゲノミクスによる食品成分の機能性解析
東京大学総括プロジェクト機構 加藤久典

16:05~16:55

糖尿病の病態と食事療法を考える
女子栄養大学教授・栄養クリニック所長 田中 明

17:00

閉会

懇親会

弥生講堂アネックスセイホクギャラリー 17:10~19:00
懇親会参加費:5,000円予定(学生2,000円)
直接会場にてお支払い下さい。

参加方法

準備の都合上、シンポジウム・懇親会に参加ご希望の方は、7月18日頃まで に下記宛にご連絡お願いいた します。

連絡先

日本応用糖質科学会東日本支部 事務局
農研機構 食品総合研究所糖質素材ユニット内 松木 順子
Fax:029-838-7996 E-mail:matsuki@affrc.go.jp

過去の活動