北海道支部

令和3年度日本応用糖質科学会北海道支部講演会

日時

令和4年1月27日(木)13:00-17:30

場所

北海道大学 学術交流会館 第1会議室
(〒060-0808 札幌市北区北8条西5丁目 https://www.hokudai.ac.jp/bureau/property/s01/)
新型コロナウイルスの感染状況が深刻な場合,オンライン開催となります.

主催

日本応用糖質科学会北海道支部

参加登録

事前の参加登録が必要です.令和4年1月20日までに,参加者氏名,氏名ふりがな,所属,メールアドレス,電話番号を支部事務局までメールでお知らせ下さい.

参加費

無料

内容
13:00

開会挨拶

支部長,北海道大学 大学院農学研究院 森 春英

13:10-14:20

支部賞授賞式・受賞講演

座長: 福田 健二 (帯広畜産大学)
支部奨励賞 「難消化性糖質の健康機能性に関する研究」
帯広畜産大学 生命・食料科学研究部門 永田 龍次

 

座長: 野田 高弘 (農研機構)
支部技術奨励賞 「ジャガイモシロシストセンチュウ抵抗性を持つ澱粉原料用馬鈴薯品種「フリア」の特性」
農研機構北海道農業研究センター  浅野 賢治 ,相場 聡,坂田 至 ,下坂 悦生,岡本 智史,赤井 浩太郎
道総研北見農業試験場 大波 正寿
ホクレン農業総合研究所 福田 朋彦

14:30-16:30

シンポジウム

座長: 福田 健二 (帯広畜産大学)
ミルクオリゴ糖の進化:オリジンとラクトース/ミルクオリゴ糖比の種間選択性について
帯広畜産大学 生命・食料科学研究部門 浦島 匡

 

座長: 小野寺 秀一 (酪農学園大学)
糖質酵素: わかったこと、わからないこと
北海道大学 大学院農学研究院 木村 淳夫

16:45-17:30

一般発表ポスターセッション

デキストラン代謝関連遺伝子群にコードされたsolute-binding proteinの特異性解析

宮園 駿介,田上 貴祥,奥山 正幸,木村 淳夫 (北大院農)

 

シクロイソマルトオリゴ糖の酵素修飾および新規糖質の包接特性

大嶋 啓介1,佐分利 亘2,小熊 哲哉3,森 春英2 (1北大農,2北大院農,3新潟食農大)

 

紅色雪腐病菌由来エンド型β-1,3-グルカン加水分解酵素の特性

太田 智也1, 佐分利 亘1, Linda Jewell2, Tom Hsiang3, 今井 亮三4, 森 春英1 (1北大院農, 2カナダ農務省, 3ゲルフ大, 4農研機構)

 

アスパラガス地下部の部位ごとのフルクトオリゴ糖含量とその代謝酵素遺伝子の変動

中山 莉瑚1,新海 想1,小島 琴那1,園田 高広2,小野寺 秀一1,上野 敬司1 (1酪農大・食と健康,2酪農大・循環農学)

 

Bifidobacterium adolescentis由来α-ガラクトシダーゼの基質特異性

大江 剛平,奥山 正幸,田上 貴祥,中川 雄登,菊池 麻子,木村 淳夫 (北大院農)

 

Limosilactobacillus fermentum MTCC25067株のフリッパーゼ遺伝子破壊が菌体外多糖生合成に与える影響

大塚 胡桃,猿渡 夕貴,浦島 匡,福田 健二 (帯畜大・生命食料)

 

 

・シンポジウム,ポスターセッションの詳細は,1月初旬頃に当サイトにて公開予定です.

・ポスターセッションでの発表をご希望の方は,令和4年1月6日までに発表者全員の氏名・所属,発表演題名を事務局までメールでお知らせ下さい.申込みいただいた方には要旨雛形を送付いたしますので,1月20日までに提出いただきます.

・オンライン開催への切替えの場合,当サイトにてお知らせするとともに参加登録者の方にはメールにて参加方法を含めてお知らせいたします.

・交流会は実施しません.

問合せ先

日本応用糖質科学会北海道支部事務局 佐分利 亘

〒060-8589札幌市北区北9条西9丁目 北海道大学大学院農学研究院

電子メール saburiw@chem.agr.hokudai.ac.jp 

電話 011-706-2508 FAX 011-706-2508

過去の活動