東日本支部

令和6年度 日本応用糖質科学会東日本支部シンポジウム『糖質と食~健康機能からおいしさまで~』

日 時

令和6年7月19日(金)10:00~17:00

会 場

東京大学農学部 弥生講堂・一条ホール

(東京都文京区1-1-1)

案内図

主 催

日本応用糖質科学会 東日本支部

参加費

会員 2,000円、非会員 3,000円(当日、受付でお支払いください)、学生無料

内容
9:30~

受付開始

10:00

開会の辞

日本応用糖質科学会

東日本支部長 三ツ井 敏明

10:05~10:45

「菌体外多糖EPSと生体エネルギー代謝調節」

 

東京農工大学グローバルイノベーション研究院 テニュアトラック推進機構

 准教授 宮本 潤基

10:45~11:25

「βグルカンの免疫制御作用と炎症抑制効果」

 

名城大学 農学部 応用生物科学科

教授 湊 健一郎

 

11:25~12:05

「日本伝統甘味飲料「麴甘酒」の機能性」

 

八海醸造株式会社

取締役製造部長 倉橋 敦

 

12:05〜13:30

昼休憩

13:30~14:45

日本応用糖質科学会東日本支部 総会

日本応用糖質科学会東日本支部若手奨励賞   受賞講演

14:45〜15:00

休憩

15:00~15:40

「味覚の日内変動と体調不良による感度変化」

 

農研機構 食品研究部門 食品健康機能研究領域

 健康・感覚機能グループ長補佐 望月 寛子

15:40~16:20

「運動刺激に対する味覚の変化と糖代謝応答

 

岐阜大学 教育学部 保健体育講座

 准教授 上田 真也

16:20~17:00

「香りがおいしさや摂取行動に与える影響の可視化」

 

長谷川香料株式会社 総合研究所技術研究所第4部

 主任研究員 野尻 健介

17:00

閉会の辞

フライヤー

研究交流会

17:20~19:00 東京大学農学部 弥生講堂・一条ホール エントランス
参加費:5,000円(学生3,000円)当日、受付にてお支払い下さい。

参加方法

当日の参加も可能ですが、準備の都合上、シンポジウム・研究交流会に参加ご希望の方は、7月5日(金)正午まで に下記のサイトより事前登録を行ってください。

事前登録サイト

 

講演要旨集は参加登録された皆様に後日ダウンロードサイトについての情報をお知らせします。

「講演要旨集」

問い合わせ先

日本応用糖質科学会東日本支部 事務局
日本大学生物資源科学部 バイオサイエンス学科 荻原 淳
E-mail: ogihara.jun(at)ninon-u.ac.jp ((at)を@に変換して下さい)